2007年01月13日

怖いですね

もうご存知の方も多いと思いますが、昨日

両生類絶滅させるカエル・ツボカビ症、国内で初確認

このニュースを見て驚きました。

ツボカビ症について詳しくは、

・WWFジャパン
・麻布大学

等に記載されていました。
飼育器具の消毒方法や検査機関などの記載もあります。


** 
・流通過程で感染していることもある
・感染していても見た目に異常と気づかない場合がある

↑これは怖いですね。
最近新規導入した子は居ないけれども、念の為我が家の両生類達も早めに係りつけの動物病院にて全頭検査をして頂こうと思います。

■追記(1/15)

動物病院にて我が家の両生類達の検査をしてもらおうと思っていたところでしたが、問い合わせ前に確認、、ということで動物病院のwebページを見ると、早速コメントがあり

・基本的に60日間全く他のカエルの新規導入がなく、現在、全くカエルに異常がないのであれば、検査の必要がありません。
・逆に、体調不良が見られるのであれば検査が必要

とのことでした。
我が家で60日以内に新規導入した子は居らず、特に異常を感じる個体も居りませんので、急いで検査を受ける必要は無いようです。
(モリアオ「マーティ」の食欲低下は季節的なものだろうということでしたし、だいぶ食欲も戻りましたので。)

しかし、もしもの時を考え、飼育水、ケージ清掃で使用した水の処理(消毒してから廃棄)には気を遣い、今までと比べれば手間ですがこれを習慣にしていければと思っております。

そして、ツボカビ症に関するQ&A内、ツボカビ症になったカエルはどんな状態になりますか?の項目で、いくつかの症状が記載されている他、
>全く見た目に異常に気がつかない場合もあります(突然死)。
とあり、心配症な私はやはりここが引っかかってしまうわけでして、時期を見て(現在は混雑しているようなので、一旦落ち着いてから)検査を受けようかと思います。
posted by 助手 at 15:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家も、フックラ饅頭も検査した方がいいのかな?と病院のHPみましたら、検査も状態の良くない者からとか書いていたので、家の子達は元気いっぱいなので、2月にでもぼちぼちと行こうかと考えております。

でも、プラケ掃除は今までの倍くらい時間がかかるようになりました〜。
この子達のためと、日本の自然のため頑張らねば・・ですね。
Posted by kazup88 at 2007年01月16日 04:16
kazup88さん

今はまだ病院は混雑していそうですね。
ニュースを見た日は恐ろしくてたまりませんでした。
私ももう少し落ち着いてから、念の為検査は受けておこうと思います。

そうそう、この子達と日本の両生類、自然の為に頑張らなくては!!ですね!
Posted by 助手 at 2007年01月17日 00:57
私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 助手のモロもろ日記 . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
Posted by search engine optimization at 2012年03月22日 15:03
助手のモロもろ日記 私が探していたものです。情報をありがとうございました。
Posted by vancouver web design at 2012年03月24日 05:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31341104

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。