2006年09月01日

帰省

お盆が少し過ぎてから実家へ帰省していました。

と、いっても心配事があったので1泊2日というハードスケジュール。
私の実家と、母方の実家、それぞれのお墓参り、お土産買い、祖父のお見舞い。
ざっとあげてみると、大したことは無さそうですが、結構ハードでした。



まずは母方の実家の方のお墓参りへ。

田舎
↑お墓参りに行く途中で撮ったもの。田舎の風景。

母方の実家の方はド田舎にありまして(私の実家も相当な田舎ですが)、さらに山があるので生き物の写真でも撮ろうかと思いましたが、トンボと蝶と車に轢かれたと思しきヘビの遺体しか見ることができませんでした。

蝶1

↑蝶。
コオロギおじさんに名前を聞いたのですが、忘れちゃった。

蝶2

↑またまた蝶。
これも名前は解らず。

そして、実家へ戻り自分の家のお墓参りへ。
お盆が過ぎ、閑散とした墓地に日が暮れかけた頃、一人で行くのはちょっぴり怖かったです。
お線香に火を点けていたところ、肩を叩かれ心霊体験キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!と思い、ビクつきながら振り返ると

「あらぁ、本家の助手ちゃんじゃない!いつ来たの?」

と見覚えのある方が居ました(←名前はよく知らない)。ああ、怖かった。
墓地にはところどころゴミが落ちており、「けしからん」とばかりに帰り道はゴミ拾いをしましたが…流石に犬糞を処理できる装備はしていなかったので犬糞はスルーしました。
罰当たりめっ!
と思い、家に戻ってから祖母に話すと
「ああ、お寺さんの犬かもね。」
と。

・・・・・。

さてさて、実家へ戻ってから何かネタは無いかと探しましたが、特にありませんでした。
そこで、父がもう久しく使っていない部屋に入り、勝手に写真を撮ってみました。

1.JPG

高さ1bを超える無駄にスペースを取るスピーカー。
幼い頃はとてつも無く大きく感じたスピーカーですが、今見てみると大して大きく見えないです…成長したんだなぁ(しみじみ)。
真ん中に比較としてタバコを置いてみましたけど、これじゃ無意味ですね。
他に3組ほどスピーカーがありますけど、全然使われていない模様。

かめら.JPG
かめら2
かめら3
父が興味を失ったカメラ達。
あまりにも手をかけていない模様で乱雑なので色をつけて誤魔化してみました(>誤魔化しきれていない)。
乱雑に乾燥剤を放りこんだようだけれど、定期的に取り替えなきゃ駄目じゃん!!
ちなみに父はもう暫く前から釣りに夢中で、仕事が終わって帰宅すると、はなれにこもって何やら釣り道具の手入れをしている様子。
小学生の頃、釣りに連れていってもらって、釣りをしている父の横で兄と遊んでいたら、「ウルサイ!」と怒られましたっけ。


posted by 助手 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田舎がど田舎だと帰省した気になれていいですね。私のところなんか隣の県の閑静な住宅街と父方にいたっては中央線沿いのビル街なのでうちよりかえって都会で帰省した気にもなりません。山も川もなく集英社があるのが田舎だなんて・・・
Posted by Aの11号 at 2006年09月03日 16:13
Aの11号さん

ええ。母方の実家は特にど田舎なので、車の騒音も無く、夕方に縁側で蜩の鳴き声を聞くのが子供の頃から好きでした。
私の実家は山は無いですが、母方の実家(山の中ではないですよ)に山があるので、山に入って生き物調査…といきたいところですが、何せ老人の2人暮らしゆえ、山の手入れが行き届かずなので子供の頃から山に入るのを祖母に阻止され続けています(´・ω・`)
ご両親のご実家が近くにあるのはいいですね!
遠く離れていると、時折「どうしてるかな〜」と心配になったりするので。。
Posted by 助手 at 2006年09月04日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。