2006年08月30日

いつの日か

この前の日曜日、モリアオガエルの「男爵」が天に召されました。

1度目に動物病院にて診て頂いてから1週間後、2度目に診て頂いた際に、新たな薬を出して頂き、これが上手くいけば・・・と思ったのですが。。
食欲が落ちていたものの、はじめは何とか頑張って薬付きのイエコを1,2匹食べてくれていたのですが、間もなく拒食し、幾度か強制給餌をしようと試みましたが、頑なに口を開けてはくれず、辛い思いをさせてしまいました。

体調を崩してから「男爵」の皮膚の青さは影をひそめていましたが、最後の最後、青く美しい姿を見せてくれました。

「男爵」を救えず、辛い思いをさせてしまい申し訳ない気持ちと、短い間でしたが、美しい姿で目を楽しませてくれ、可愛い姿で心を和ませてくれて「ありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいです。

「男爵」よ、いつの日にか私にくるべき時が来たら、その時には再会しましょうぞ。
posted by 助手 at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
男爵君のご冥福をお祈り致します。

カエルは病気になったら回復が難しいですね。もっとも私はカエルは飼い始めて日が浅いので回復見込みのある子でも助けられる可能性は低いのですが…。でも逝ってしまうとずど〜んと凹みます。でもただただ凹んでるだけなので、
>「男爵」よ、いつの日にか私にくるべき時が来たら、その時には再会しましょうぞ。
こういう別れ方っていいなと思いました。

Posted by marimusi at 2006年09月01日 17:29
marimusiさん

ありがとうございます。

そうですね、せめて食欲があれば…立ち上げるスキルがあれば、と悔しく思います。
逝ってしまうとずど〜んときますよね。
泣くだけ泣いて、落ちるだけ落ちて。
暫しの間のお別れ、と思うことで前向きになれました。
Posted by 助手 at 2006年09月01日 23:38
こんばんは。
訪問が遅れてしまってごめんなさい。
男爵さんの事、いろいろと手を尽くして可愛がっていただいて本当に感謝しています。
助手さんのお家に行って幸せ者でしたよ。
やはり調子を崩したコの立ち上げはなかなか難しいですよね。
私も男爵さんと共に心から感謝しています。
ありがとうございました。
Posted by のんのん at 2006年09月02日 21:13
のんのんさん

何とか回復してくれることを願っていたのですが・・・「男爵」を大きく育てあげることが出来ず申し訳ございません。
そして、こんなにも綺麗で可愛い子と、短い間ではありましたが一緒に過ごせて私はとても幸せです。
楽しく幸せな時をくれた、のんのんさんと「男爵」にとても感謝しています。
ありがとうございました。
Posted by 助手 at 2006年09月04日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23024162

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。