2006年06月23日

「うな蔵」永眠

昨日の午前中、「うな蔵」が亡くなりました。

2日前に水換えをし、餌も食べていた「うな蔵」。
異変に気づいたのは前日の夜のこと。

ケージ清掃中に待機している両生類を撮ろうとデジカメを持ち、2Fへと向かい、1枚写真を撮った時に「おかしい」と感じました。
何が違うかというと、「うな蔵」の体色。
カメラを置き、「うな蔵」に近づくと体に汚れが付着し、赤い。喉元をヒクヒクさせるテンポもいつもと違う。
「うな蔵」に水をかけても汚れは取れず、白いものが付着していました。
そっと触るとベタベタしており、こちらを見上げる「うな蔵」の表情は苦しそうに見えました。
おそらく「敗血症」と呼ばれるものだと思います。そして「うな蔵」を見る限り事態は深刻。
ケージを洗っていたコオロギおじさんを呼び、相談し翌朝主であるコオロギおじさんが病院へ連れていくことに。

そして、昨日の朝「うな蔵」を見ると、後ろ肢が力なく投げ出され、何とか少し動くといった弱り具合。
お昼休みに心配で家に戻ると、病院に行っているはずのコオロギおじさんが居ました。
病院で診てもらう為、何件も電話をかけてみたけれど残念ながら診られない、と。
そして、
「うな蔵」は死んだ、と。

すぐに2Fへ行き、動かなくなった「うな蔵」に呼びかけ、触ってみました。
水を掛けたら動くかも、と霧吹きで水を掛けるも、動かず。
ただただ「うな蔵」に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


昨年の5月のある日、仕事帰りに「うな蔵」を購入したコオロギおじさん。
我が家で初めての有尾。
愛嬌のある顔で餌をねだるその姿はとても可愛らしく、私達を和ませてくれました。
たった1年たらずで、このような事態になってしまい、「うな蔵」には本当に申し訳なく思います。


■追記
時間軸がおかしい部分があったので若干修正致しました。

それと、「うな蔵」の死因についてもう少し調べてみました。
体に表れた症状は、ネットで検索して記事に書いたように敗血症と呼ばれるものに当てはまると思うのですが、それでも他に見逃していた点はないか?と思ったからです。

そして、1つ重要な点が見当たりました。
「タモリ」が上陸してから、彼と比較してみて気づいたのですが、「うな蔵」は脱皮の回数が多かったのです。
ネットで死因について検索していた時に、これに当てはまるものがありました。餌を与えすぎると、拒食後頻繁に脱皮を繰り返し、死に至った、と。
「うな蔵」は太っていましたので、これも少なからず関連しているのではないか?そう思いました。

私達の至らなさで、「うな蔵」には大変申し訳ないことをしてしまいましたが、残された子達の為にもう一度見直し、改善すべき点を改善していきたいです。
posted by 助手 at 03:14| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントを書かせていただきます。
残念でしたね。「うな蔵」君かわいいな〜って思いながら拝見させていただいてたのですが、なんとも突然こんなことになるなんて。。。元気出してくださいね。
Posted by YUYA at 2006年06月24日 00:15
YUYAさん

はじめまして。ご訪問、そして温かいお言葉、ありがとうございます。

本来ならば、もっと長く生きられるはずだったのに、本当に申し訳ないことをしました。
2・3日に一度はケージを掃除して気をつけていたつもりだったのですが、やはり私達のケアが足りなかったのだと痛感しております。
急激に衰弱していく姿は今でも頭から離れないのですが、「うな蔵」のことは忘れず、今回のことで改善すべきところは改善し、他の子達のお世話をしていきたいと思います。
それと、「うな蔵」の記事を見て下さっていたのですね!ありがとうございます。
Posted by 助手 at 2006年06月24日 01:09
少し前にうな蔵ちゃんの可愛い姿を、ブログで拝見していただけに、ビックリです。

今の時期、気温の変化湿度の変化なども関係するのもあるかもしれません。
やはり、両生類&爬虫類などまだまだわからない事だらけです。

お互い今回の事を忘れず、今の子達を一生懸命可愛がりましょうね。

Pukuの方にも温かいコメントを頂きありがとうございました。

Posted by kazup88 at 2006年06月24日 07:12
うな蔵死んじゃったのですか・・・kazup88さんも書いてらっしゃいますが時期的な要因もかなりあるのではという気がします。我が家も患いカエルと暑さ負けカエルと出ておりますし・・・

うなぎ犬みたいなうな蔵が好きでした。グッドバイ。
Posted by Aの11号 at 2006年06月24日 13:09
kazup88さん

なるほど。人間が過ごし難いと感じる季節ですから、炭鉱のカナリアと呼ばれるほど敏感な両生類は、気温・湿度の変化の為、体力や免疫力が低下していたのかもしれませんね。。

そうですね。今回のことを忘れず、今居る子達をめいいっぱい可愛がっていきたいと思います。

kazup88さん、ありがとうございます。

Aの11号さん

kazup88さんやAの11号さんの仰るように、時期的な要因も考えられますね。。過ごし易い環境に出来なかったのが、とても悔やまれます。
Aの11号さんのお宅でも・・・!
どうか患いカエルさん、暑さ負けのカエルさんが回復されますよう影ながら祈っております。

うなぎ犬みたいな「うな蔵」、好きになって下さってありがとうございます。
Posted by 助手 at 2006年06月25日 05:24
おなかまのタイサラが居なくなるのは悲しいです。

一時期うちのタイサラも妙に脱皮を繰り返していたのですが本当は調子が悪かったのかな。

確かに脱皮しすぎるのは良くないようなことをどこかで読んだ気がします。
Posted by しん at 2006年06月26日 12:54
昨日はせっかくまたお会いできたのに、私が買物にレジ並びしていたりでほとんどお話できずに残念でした。アフロちゃんたちのお話聞きたかったです。
うな蔵くん、ショックです…
写真拝見して可愛いくて大好きだったのに。
我が家のタイサラのぬーぼくんも、ここ最近の暑さで夏ばてからか、もう3週間近く拒食で心配です。なんか脱皮の回数も増えています。
発砲スチロールの箱をもらってアイスノンいれて温度を下げることにしました。
これで元気になってくれるといいのですが…
Posted by ゆうごん at 2006年06月27日 00:21
しんさん

あの愛嬌のある顔が見れないのかと思うと残念でたまらないです。
脱皮の回数が多いのはこれだけが原因かどうか解らないですが、「うな蔵」は太っていたので、これも原因かな?と思いました。

ゆうごんさん

私の方も用事があるとはいえ、そそくさと帰ってしまい申し訳ございません。
今度ゆっくりとお話いたしましょう!
「うな蔵」を好きになって下さってありがとうございます。
「うな蔵」は太っていて、脱皮が多くちょうどそのことについて書かれている記事があったので、原因の一つにあげられるのではないかと思い書きました。他の方も仰るように、温度・湿度の変化でという理由もあるかと思われ、脱皮の回数が多いのも何か他に要因があるのかもしれません。
今度、「タモリ」を健康診断に連れて行くのでその辺もお医者さんに聞いてみたいと思います。
Posted by 助手 at 2006年06月28日 03:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。