2006年04月26日

この1週間にあったこと


・室内温室の加温加湿器が故障。
→帰宅後、温度計を見て異変に気づき、修理依頼の電話をするも、修理には時間がかかるとの返答。また生き物を飼育しているということで、先方が気を遣ってくれまして、ヒーターのレンタルも可能との返答を頂いたのですが、やはり多少時間がかかる為、結局室内温室用のヒーターを新たに購入。
ヒーターが届くまでは、2Fはエアコンつけっ放しの為、サラマンダー達は人間エリアに移動。
「タモリ」は、TVに釘付けでした。「メモル」は夜中に飛び跳ね、私は飛び起きました。
水音で目が覚めたのなんて初めてです。

・「トッケイさん」のお告げ
→「トッケイさん」によるトッケイ鳴きは、我が家では大体月1ペースで耳にすることが出来るのですが、ここ1週間の間に3度ほど鳴きました。
そのうち2度は、日曜日の朝・夕に。。
動物は不思議な能力を持っているに違いない、と思い込んでいる私は、「トッケイさん」がこんなに鳴くなんて、地震かなにかあるのではないか!と思って怯えてました。

・「ハル」の糞はやはり大きい
→またまた便秘していたアンダーウッディの「ハル」。
水入れにベッタリとつけた糞は体に似合わず巨大で、「トッケイさん」と良い勝負の大きさでした。
なるべく砂を口にしないようにと、お迎え当初から給餌の際には、ちぎったキッチンペーパーの上に足を取ったコオロギを置いているのですが、糞を調べると砂が出てきました。う〜ん、困ったな。

・「ヤスオ」と「ヤスコ」
いつの間にかヤスデに名前をつけていたコオロギおじさん。
♂が「ヤスオ」で♀が「ヤスコ」だそうです。私には見分けがつきません。
コオロギおじさん曰く、
「大きい方が「ヤスコ」」
らしいのですが、いまいち私にはわかりません。
しかし、私なりの見分け方を見つけました。
いつもコルクバークの影に陣取っているのが「ヤスコ」で、追い出されているのが「ヤスオ」。
コルクバークに登って、「ヤスコ」を見つめる「ヤスオ」の背中が若干寂しげに見える今日この頃です。
posted by 助手 at 19:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17070764

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。