2006年06月30日

森の青い妖精

先日、のんのんさんから頂いたモリアオガエル達。

モリアオ 小さい方

↑こちらはちょっと小さい方。
よく止まり木に止まってます。

モリアオ 大きい方

↑こちらのちょっと大きい方は、私がケージ壁面を拭いていると何とジャンプして私の服に貼りつきました。
ど根性ガエル??

その後再び壁面を拭き始めるとまたまたジャンプして服に貼りつき、ど根性ガエル状態に。
ああ、何て可愛いんだろう。

2匹とも元気いっぱいで餌食いも良好なので、成長が楽しみです。

posted by 助手 at 03:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

えっくすぼっくす

昨日(26日)はコオロギおじさんの誕生日だったので、前日にプレゼントを買いに行きました。

続きを読む
posted by 助手 at 03:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

も り あ お

のんのんさんの「ケロケロ路」を拝見していて、モリアオガエルの可愛い写真に心打たれ、飼育してみたいなぁ、と思っておりましたところ、のんのんさんのお宅からお譲り頂けるとのことで、本日、モリアオさんをお迎えするはこびとなりました。

もぉ〜ちっこくって可愛い!!
綺麗な子を譲って頂き、助手感激!

と、興奮しまくりながら、早速自宅へ戻りケージへモリアオずを放しました。
可愛くて、ずーっと眺めていたいところですが、それでは落ち着かないだろうと思い、ちょっと我慢です。

写真は後日アップしたいと思います。
posted by 助手 at 02:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

「うな蔵」永眠

昨日の午前中、「うな蔵」が亡くなりました。

2日前に水換えをし、餌も食べていた「うな蔵」。
異変に気づいたのは前日の夜のこと。

ケージ清掃中に待機している両生類を撮ろうとデジカメを持ち、2Fへと向かい、1枚写真を撮った時に「おかしい」と感じました。
何が違うかというと、「うな蔵」の体色。
カメラを置き、「うな蔵」に近づくと体に汚れが付着し、赤い。喉元をヒクヒクさせるテンポもいつもと違う。
「うな蔵」に水をかけても汚れは取れず、白いものが付着していました。
そっと触るとベタベタしており、こちらを見上げる「うな蔵」の表情は苦しそうに見えました。
おそらく「敗血症」と呼ばれるものだと思います。そして「うな蔵」を見る限り事態は深刻。
ケージを洗っていたコオロギおじさんを呼び、相談し翌朝主であるコオロギおじさんが病院へ連れていくことに。

そして、昨日の朝「うな蔵」を見ると、後ろ肢が力なく投げ出され、何とか少し動くといった弱り具合。
お昼休みに心配で家に戻ると、病院に行っているはずのコオロギおじさんが居ました。
病院で診てもらう為、何件も電話をかけてみたけれど残念ながら診られない、と。
そして、
「うな蔵」は死んだ、と。

すぐに2Fへ行き、動かなくなった「うな蔵」に呼びかけ、触ってみました。
水を掛けたら動くかも、と霧吹きで水を掛けるも、動かず。
ただただ「うな蔵」に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


昨年の5月のある日、仕事帰りに「うな蔵」を購入したコオロギおじさん。
我が家で初めての有尾。
愛嬌のある顔で餌をねだるその姿はとても可愛らしく、私達を和ませてくれました。
たった1年たらずで、このような事態になってしまい、「うな蔵」には本当に申し訳なく思います。


■追記
時間軸がおかしい部分があったので若干修正致しました。

それと、「うな蔵」の死因についてもう少し調べてみました。
体に表れた症状は、ネットで検索して記事に書いたように敗血症と呼ばれるものに当てはまると思うのですが、それでも他に見逃していた点はないか?と思ったからです。

そして、1つ重要な点が見当たりました。
「タモリ」が上陸してから、彼と比較してみて気づいたのですが、「うな蔵」は脱皮の回数が多かったのです。
ネットで死因について検索していた時に、これに当てはまるものがありました。餌を与えすぎると、拒食後頻繁に脱皮を繰り返し、死に至った、と。
「うな蔵」は太っていましたので、これも少なからず関連しているのではないか?そう思いました。

私達の至らなさで、「うな蔵」には大変申し訳ないことをしてしまいましたが、残された子達の為にもう一度見直し、改善すべき点を改善していきたいです。
posted by 助手 at 03:14| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ぶくぶく

先日、メキシコサラマンダーの水槽にエアストーンを入れてみました。

メモルの水槽

「メモル」の水槽です。

殺風景で面白みの無い水槽ですが、このエアストーンから出る気泡が細かく、見ていてちょっと気持ちいいんです。
フィルターはエーハイムクラシックフィルター2213で、ろ材コンテナには付属のスポンジと、ショップの店員さんのお勧めでzicraというものを入れています。
posted by 助手 at 02:34| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハル

ハル

ハル

またまたアンダーウッディの「ハル」。
お世話中、シェルターから出てくるので撮り易いです。

ヒョウモンの「プーラ」もシェルターから出てウロウロし出すのですが、影が出来てしまい、うまく撮れません(´・ω・`)
posted by 助手 at 02:11| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

グッときた(・∀・)キュンキュン

W杯アルゼンチンvsセルビアモンテネグロ。
後半、メッシが出ましたねー。
股抜きゴールお見事でした。

が、私的には前半2点目のゴール前でのパス交換、そしてクレスポのヒールパス(←この連携が一番グッときた)、カンビアッソのシュート→ゴールが良かったです。

posted by 助手 at 03:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

サッカー

今、W杯(アルゼンチンvsセルビアモンテネグロ)を見てるんですけど、アルゼンチンいいですねー。サビオラ(・∀・)イイ!
前半で3点!後半は何点入れるんでしょうか?
後半はメッシのプレイが見たい!けど無理かな。。


そうそう、サッカーといえば・・・
先日会社でサッカーの話をしていて、私が
「名波が好きだった。」
と言ったのを覚えていたらしく同じ部署の方が『NANAMI 終わりなき旅』という名波選手の本を貸してくれました。
結構面白いらしいので、この週末に読みたいと思います。
posted by 助手 at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

アフロ

アフロ

ずーん。


アフリカウシガエルの「アフロ」です。
ベビーと比べるとやはり大きく重いので、「アフロ」はあまりジャンプはしません。
ですが先日、「いける!」と思ったのか?他の子の世話をしていたコオロギおじさんの手の動きにつられてジャンプ!

で、天井にゴッチンしたのです。鼻の辺りには擦り傷が出来ました。
幸い、傷は浅くもうだいぶ治りました(ちょっと黒くなっている所が擦り剥いた所です)。

「アフロ」のケージは高さがあまり無いので、もう少し高さのあるケージを用意した方がいいのかも。
posted by 助手 at 00:20| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

モテない飼い主

近頃お世話の時間になると、ヒョッコリと顔を出してはケージ内を徘徊するアンダーウッディサウルスの「ハル」。

ハル

お世話が終わるまでウロウロしているので、最近は「ハル」の写真ばかり撮ってしまいます(・ω・`;A)
「ハル」はこの流木のあるあたりで、いつも脱皮します。
「范蔵」は決まってウェットシェルター内で脱皮を。

お迎え当初は、「范蔵」よりも「ハル」の方が警戒心が強いように見えたのですが、どうも最近それは逆転しているような気がします。

・・・( ゚д゚)ハッ!
そっ、そういえば・・・ヒョウモン「ヤモすけ」と「プーラ」を比べると、「ヤモすけ」の方が警戒心が強いような気が・・・。
「ハル」と「プーラ」はメス。「范蔵」と「ヤモすけ」はオス。
・・・これって・・・ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!
posted by 助手 at 01:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参った

いやー、「Bam」はニョロニョロしていて写真が撮りづらくって参った。

Bam

・・・けど、今日のワールドカップ、日本vsオーストラリアも参りましたね。
私、ビール片手に悲鳴を上げましたよ。。
次は歓喜の悲鳴を上げさせておくれやす。
posted by 助手 at 01:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

久々に・・・

うな蔵

「うな蔵」です。
カメラを向けるとこんな顔して近づいてきます。
ベルツノ「わさび」と違い、飛び掛るぞオーラは出ていないものの、近づき過ぎるとカメラをパクッと咥えられてしまうので、その前に方向転換です。
近頃、デュビアはあまりお好みではないようでペッと口から出してしまうので、イエコやクリル、ハニーワームなどを与えております。
posted by 助手 at 03:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

まさか・・・ね

コーカサスオオカブトの「デューク」は、プラケではどうやら狭いようで、コオロギおじさんはガラスケースを購入しました。

ガラスケースにしてから、だいぶ観察し易くなりました。
そして今夜、こんな姿を目撃しました。

鍵ならおまかせ!デュークの鍵屋さん

んっ!?

今開けるから待ってて下さい

んんっ???

・・・・いや、まさか鍵を開けようなんて事、してないよね??(・ω・;)
ただの偶然だよね!?
posted by 助手 at 01:27| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

貪欲

アフウシ

アフウシベビー。
彼の視線の先には、別の室内温室に入っている「范蔵」のケージがあります。
「范蔵」のケージに霧吹きしていると、いつも視界の隅で何やら動くものを捉えるのですが、それはアフウシベビーだったりします。
頑張って壁面にアタックしているのです。何て貪欲なんだ!!
これでは、「范蔵」がビックリしてしまうではないか!と思ったのですが、「范蔵」の動きには反応しませんで、私が動くとその動きに合わせて向きを変えます。

・・・狙われているのは私かorz

ああ、アフウシベビーが壁面にアタックし過ぎて怪我をしないように、目隠しになるようなものを置いておかなくては。
posted by 助手 at 02:48| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

トッケイさん

夕方、コオロギおじさんに呼ばれて2Fへ行ってみると「トッケイさん」が床に居ました。

以前もこの体勢の「トッケイさん」を見た事があり、餌も食べてるし、排泄もしているけど、どこか調子が悪いのかと思いきや、その時は糞という名のお土産を置いていってくれました。
またここで糞をしようとしていたのかもしれません。

トッケイさん
頭部に付いた脱皮後の皮がチョンマゲみたいです。

さて、今日は2人でジロジロ見ていた為、「トッケイさん」はその視線に耐えられなかったのか、この後ビヨ〜ンとジャンプして壁に張り付き、シュババババッと隠れてしまいました。
この時は糞という名のお土産は置いていってくれませんでしたが、暫くした後、「トッケイさん」のお宅を覗くとこの場所に糞がありました。
posted by 助手 at 02:57| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

眠い午後

今日は、仕事量が少なくのんびりと仕事をしていました。

午後は、もう本当に眠くて眠くて。
このままじゃいかん!と思って、階段の踊り場で伸びたりしていると大きな欠伸が出て、涙が出て、更には鼻水が出てきました。

すると背後から足音が・・・。どこかの部署の新人君達でした。慌てて上げていた腕を下ろす私。
「「お疲れ様でーす|・∀・)・∀・)…」」
と元気に挨拶する新人君達。
私は振り返り、鼻水をすすり、涙目で
「お疲れ様です。」
と挨拶すると、新人君は慌てた様子で
「はっ!!すっすみません」
と言って急ぎ足で去って行きました。

・・・・・(・ω・ )

新人君達が立ち去った後、新人君達の慌てぶりを思い出し、可笑しくて可笑しくて笑っちゃいました。
新人君達のお陰で目が覚め、その後は欠伸が出そうになることもなく、今週の仕事を終えることができました。ありがとう、新人君達!
posted by 助手 at 00:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

やもり

アンダーウッディの「范蔵」、「ハル」共に日中はシェルターの中で寝ています。

それ故、どんな姿で寝ているのか解りません。

ですが、「ハル」の後肢は時々外へ出ていて、シェルターの中ではヒョウモンの無防備な寝姿と同じような格好で寝ているのかな?と考えてみたりします。

「ハル」は掌に乗ってきた日以来、お世話中、手に乗ろうとしてきます。
しかし、あまり触ったらイカン!と思うので、いつもはかわしているのですが、ある日前肢をかけられたので、ちょっと意地悪く「ハル」が登ろうとしている掌を急な角度にしてみました。
登るのを諦めるかと思いきや、登板能力が結構あるので、そんな嫌がらせにも屈せず「ハル」はスタコラ登り、一気に手首まで来てしまいました。
外の世界に興味津々なようです。


トッケイヤモリの「トッケイさん」。
先日、暑かった日のこと。
ファンは作動しているだろうけど、部屋自体が暑かったらケージ内の温度も上がっちゃうだろうな、心配だな。。
と、お昼休みに自宅へ帰りました(徒歩5分以内の場所にあるので、昼食を家で食べても昼休みが終わるまでには余裕で戻れるのです)。
予想通り、温度が上がっていたのでエアコンのスイッチON。
その後、タモさんのウキウキウォッチングを見ていると
「ククククク ククククク」
と2Fから鳴き声が!まさか・・・今は昼だよ・・・タモさんの時間だよ・・・あなた寝てる時間でそ。。
と思った瞬間に
「トッケー、トッケー......」
と鳴き始めた「トッケイさん」。
更に翌日、夕方帰宅後すぐくらいに、また「トッケイさん」が雄叫びをあげ、1,2時間経過した頃に再び雄叫び。
でもって、これを書いている今も!
近頃朝方には鳴かなくなったので、帰宅が遅いコオロギおじさんは暫く「トッケイさん」の鳴き声を聞けないでいます。


posted by 助手 at 20:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外界には夢いっぱい?

偶然にも地上に出ていたフンコロガシを見つめていましたら、ふと、視線を感じました。

范蔵

范蔵・・・何て格好してるの!しかもまた固まってるわ!
そうだ!解ったわ!あなた、脱走したいのね!
でもご覧なさい、鍵がかかっているから無理よ。

という訳で、こんな脱走したげな姿を見て「この環境が気に入らないのだろうか?」とちょびっとせつなくなる夜でした。


范蔵

↑ご機嫌ナナメな様子の「范蔵」。


posted by 助手 at 00:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。